前立腺肥大症による中折れ

前立腺肥大症による中折れ

前立腺肥大症は、前立腺が肥大し、残尿感や急な尿意、頻尿などを引き起こす症状です。年齢とともに発症する人が増え、50代で約3割、60代で約6割、70代では約8割の男性に症状が見られるそうです。

 

前立腺肥大と聞くと中折れの原因になるのか…と思われがちですが、実は直接の関係はありません。

 

ただし、前立腺肥大症は中高年がかかる病気だと広く知れ渡っているので、病院で前立腺肥大と診断されると「俺ももうそんな年か…」というイメージがわいてしまい、結果として心因性の勃起不全を引き起こしてしまうことがあるのです。もともと中折れしやすくなっていた人は、余計に強く結びつけてしまうでしょうね。

 

 

 

前立腺肥大症のせいで中折れすることはほとんどないので、中折れする場合は別の原因を考えたほうがよいです。前立腺肥大症になるということは精力が減退しやすい年齢にさしかかっていると考え、精力回復に集中したほうがよいでしょう。もちろん、前立腺肥大のほうは別個に対策をしていく必要はあります。

 

>>サプリメントの上手な選び方



 
トップページ 中折れ原因一覧 男性ホルモン対策 勃起不全治療薬解説